ウォルト・ディズニーの約束

By tabecine, 2015年9月11日

「ウォルト・ディズニーの約束」は、
少し前に当ブログで取り上げた作品『メリー・ポピンズ』
映画化にまつわる物語。

作品の映画化を強く望むウォルト・ディズニーに対して、
作者P.L.トラヴァースは長い間それを拒んできた。

ようやく実現にこぎつけたものの、
「要望通りに行かなければ契約はいつでも破棄する」
と彼女のガードはすこぶる固い。
イギリスから映画の都・ハリウッドに打ち合わせに来る道中も不機嫌で、
親しげな愛称などではなく、自分のことは敬意を持って、
トラヴァース夫人と呼ぶように指示。
それはディズニーさんと呼ばれるのが大嫌いだった
ウォルトと正反対の姿勢でもある。

ミュージカル映画なんてNO!
アニメーションは絶対にNO!
Mr.Banksの人柄をどうしてそんな風に描くの? NO!

子どもたちが大好きな「メリー・ポピンズ」が、あの映画になるまでには、
いくつものハードルがあったことが描かれていく。

でもどうして彼女はそんなに頑ななの?
メリー・ポピンズはどうして生まれたの?
映画はその謎を解くべく、彼女の幼少の頃の記憶を遡ります。

リーフパイは、幼い頃と今の彼女を知るキーワードにも通じています。
後にアメリカで唯一の友!となる運転手・ラルフとのエピソードにも絡んでくるので
是非、ミルクティーと一緒にどうぞ。
ちなみに、ミルクティーの入れ方については、
トラヴァース夫人が度々口にしているので、
そちらをご参照ください。

エマ・トンプソン演じるトラヴァース夫人と、トム・ハンクス演じる
ウォルト・ディズニーのやりとりは、
とても小気味よく、そしてドラマチック。
まずは「メリー・ポピンズ」を先に観てから、
この作品を観ることをオススメします!
(Kuri)