死んだ目をした少年

By tabecine, 2015年2月12日

★「食べ頃シネマ」的に映画「死んだ目をした少年」を見るなら

「久しぶりに会おうぜ」
「いいけど、会って何すんの?」
「うーん、映画とか?」
「あぁ、まぁいいけど」

そんなやりとりをLINEか何かでして、友だちと映画を観るのもいいよね。
友だちと言っても、ちょっと会うのは久しぶりだったりして、
ひとしきり、「アイツは今何やってる」とか、「どこでバイトしてるらしいとか、
ホントの話も噂話も含めて話したりして。

映画の前に、「なんか食う?」
なんて1人が言うけど、
「あ、俺さっき牛丼食っちった」
とか言って。
微妙に噛み合わないのが、ちょっと心地いいような感じもして。

映画に登場する生徒たちを観ながら、「コイツ、昔の○○っぽくね?」
って無理やりこじつけてみたりするけど、上映中で喋れないからとりあえず保留。

映画の中のナイスバディなお姉さんを見て、年上への憧れがあの頃より遥かに少なくなって
いることに気がついて、ちょっと照れくさくなるけど、まあ、これも特に口に出すことでもないか。

映画館を出て、久しぶりに会った友人同士は、
あの頃より自由になるお金は多少は持っているだろうけど、結局コンビニへ。
スイーツコーナーを見て、映画に出てきたアレを一瞬手にとるも、
あまりにストレートすぎて恥ずかしくなって、結果シュークリームを手にとるわけ。
カスタードオンリーか、ホイップクリームとのダブルクリームか、はたまたチョコがけタイプか。

そして、近くの公園で、ラフに食べる。ラフにね。
そしたら、程よい距離感のまま、「じゃあ!」
って感じで家路につく。

あ、ゴミはその辺りに適当に捨てずに持ち帰るか、コンビニのゴミ箱に捨てる。
意外とそういうところはちゃんとしてるんだから。

男子2名以外の組み合わせで観たとしたら何食べる?
うーん、でも、誰と観ても、この映画に合わせた食べ物と気分は、こんな感じがいいな。
(kuri)

■上映館での展示の様子(2015)