ガタカ

By tabecine, 2016年2月22日

そう遠くない未来のこと。
そうテロップが出て始まるこの作品は、1997年のアメリカ作品。

生まれた瞬間に、病気にかかる確率や、予想寿命が判定されるという世界だ。
ありそう、いや、実際ありますよ、今。
本当にそう遠くない未来だったのか、と当時観た感想と
いきなり違う感想を突きつけられるのだ。

生まれつき病弱のヴィンセントには、間もなく弟が生まれた。
弟は両親の期待を一身に受け、完璧な遺伝子操作で誕生した、出来のいい男の子だった。

いつか宇宙飛行士になることを夢みる兄・ヴィンセント。
それは彼の寿命や体を考えれば、到底叶わぬ夢だった。

しかし、彼の運命は、掃除人として宇宙研究所「ガタカ」の清掃業務に
あたったことから変わっていく。

入室も、宇宙飛行士のためのすべてのチェックも、
血液採取のうえコンピューターで解析される完全な仕組みの中で、
彼はどうして別人として生きていけるのか。
そして彼の夢は本当に叶うのか。

「ガタカ」のお供には、カラフルでプルリンとしたフルーツゼリーを用意。
それも、プッチンすると花びら型とかになるような感じで食べたい。

作品は未来の話というだけあり、色はほとんどなく、サイバーな感じなので、
手元くらいは明るめに。
そして、プルリンと、ツルリンとしたそのゼリーのフォルムは、作品に出てくる、
彼らが通う宇宙研究所「ガタカ」の建物のフォルムのようでもあって
実は意外とマッチしそうなのだ。

そうそう、この物語には、鍵となる人物ジェローム役で若き日の、
大ブレーク前のジュード・ロウが登場する。
そしてヴィンセントと絡む美しき同僚女性としてユマ・サーマンが登場する。
たしかこの作品がきっかけで、イーサンとユマは結婚したのだったけれど、
それも今は昔。

ツルリンとゼリーが喉を通った後の、スプーンの冷たさを感じながら、
物語のラストに浸って欲しい。

(Kuri)

食べシネでも利用中!