ウエストサイド物語

By tabecine, 2013年3月22日

あの音楽、あのダンス、あの指パッチン。
誰もが知っているあのミュージカル映画といえば
『ウエスト・サイド物語』

しかし、あの×3のインパクトが強いばっかりに、観た気になっている人も
実は多いとか?

ナタリー・ウッド演じるマリアと恋に落ちる彼って、なんという名前か思い出せる?
いやいや、ジョージ・チャキリス演じるベルナルドは、マリアの兄。
シャーク団のヘッドさ。

「トニー!! そう、トニーじゃん!!」と少し顎が上向きになったあなた。
正解だけど、実はトニーは愛称で、正式名はアントン。
マリアは愛しい彼を終始、「アントン」と呼ぶのだ。

誰もが知ってるはずの映画でも、こういうことってあるある。
そんなプチ発見をしながら観るときのお供にオレオ(Oreo)はいかが。

1912年にアメリカのナビスコで生まれたというオレオは、
101歳というクッキー界の大御所。
そんな事実も知っているようで知らなかったし、
クッキーとクッキーでクリームを挟んでいるところが、
マリアを間にして、ジェット団とシャーク団、アントンとベルナルドに思えたりも。
101もホラホラ、オレオに見えてきた。

牛乳につけたり、はがしてクリームをすくったりと
食べ方のバリエーションもいろいろあるから、
2時間を超す『ウエスト・サイド物語』のお供にもgood!

♪マンボ! のシーンでは、オレオをクルクル回しちゃったりして。
おっと、食べ物で遊んではいけないって、小さい頃から言われてましたっけ。
(kuri)