リトル・ミス・サンシャイン

By tabecine, 2016年7月28日

題して「なんだか愛おしい系映画」。
こういう作品、人気ありますよね。
「リトル・ミス・サンシャイン」もまさに、「なんだか愛おしい系映画」。

タイトルの「リトル・ミス・サンシャイン」とは、
カリフォルニアで決勝戦が開催される
平たく言えば、子どものミスコン。
少女・オリーヴ(アビゲイル・ブレスリン)は、繰り上げ当選で、
決勝に出られることになって大喜び。
彼女といえば、コロッとまるっとしたメガネっ子。
いつの世も、メガネっ子は、ちょっとおへちゃの代名詞みたいに描かれてきたけど、
今は子どものメガネちゃんって、カワイイ!の代名詞的に注目されてるよね。

ま、それはそうと、オリーヴの家族、なんともすごい個性の集まり。
筆頭はおじいちゃん(アラン・アーキン)。下ネタばりばりで、言いたい放題、
やりたい放題で施設を追い出され、
息子一家のもとで暮らしている。オリーヴはおじいちゃんになついている。
パパ(グレッグ・キニア)は、人生は成功してこそ!と、何においても負けを認めない男。それをネタに本を出すと公言している。
妻・シェリル(トニー・コレット)は主婦、夫との仲は良好とは言えない。
そのシェリルの兄で、作家のプルースト研究者のフランク(スティーブ・カレル)は、ゲイの恋人にフラれ自殺未遂をはかり、この一家に連れてこられた。
そして、何も言葉を発しないオリーヴの兄ドゥエーン(ポール・ダノ)は、
引きこもり真っ最中。父を心底嫌っている。

役者が出そろったところで、今回はピタパンを用意。
大人になりたくないネバーランドの少年のことではない。
平べったい半円形のポケットみたいなパンのこと。
そしてこのピタパンにはさむ具材を適当に用意しよう。
トマト、ハム、チーズ、アボカドにレタス、そうそうオリーブも。

家族はオリーヴが出場するリトル・ミス・サンシャインコンテストの決勝戦のために、
ポンコツの黄色いミニバスで、カリフォルニアを目指す。
そう、パンがバスで、具材が家族たちって感じね。

道中いろいろある。笑うし、ハラハラするし、しんみりもする。
さて、オリーヴは、無事にコンテストに出られるのか。
そして見事優勝を手に入れるのか!?!?!?

パンに欲張って具を詰めすぎると、食べにくかったり、
汁がしみてきたりしちゃうピタパン。
でも、具が足りないと、やっぱりちょっと物足りない。
オリーヴと家族を乗せたミニバスのポンコツぶりに大笑いしながら、
大口開けて、全種類の具が入ったピタパンをほおばりながらお楽しみを!
(Kuri)

リトル・ミス・サンシャイン