食べシネTable~パディントンの世界、英国茶会気分で~

By tabecine, 2018年2月13日

食べシネ番外編、食べシネ散歩につづいて、新たに始まりました、その名も「食べシネテーブル」。
いつもは映画に合う食べ物を勝手に紹介していますが、この「食べシネテーブル」では、
そのご提案の食べ物とともに、映画のこと、映画にまつわるテーマを設けて
楽しくテーブルを囲む様子をレポートします。

今回は「パディントン」の世界をネタに、英国茶会と洒落こみました。
場所は、壁紙と収納Aoyamaさんのレンタルルーム。
黒×白のローテーブル、障子には大柄のお花の切り絵があしらわれていてファンタジー!
ストライプの壁にトランプやティーポットもディスプレイされていて、不思議の国のアリスの世界が広がっています。
そういえば、アリスも英国のお話でしたわね。

さて、テーブルの上をチェック、チェック、チェック。
「パディントン」でご提案したスコーンが主役です。たっぷりのホイップとブルーベリージャム。
あ、映画ではパディントンの大好物はマーマレードでしたが、
スコーンにブルーベリージャムもテッパンです。ハチミツってのもいいですね。

根菜たっぷりのキッシュと自家製ローストビーフもありますよ。
そうそう、ローストビーフも英国の伝統的な家庭料理なんですよね。
飲み物はもちろん、英国紅茶。この日はAHMAD(アーマッド)TEAをセレクト。
パッケージには、英国の名所が描かれているので、テーブルの上にディスプレイしても
気分出せちゃいます。

では、気ままな食べシネテーブルトークをちょっとだけ公開♪

Yuki
Kuri
 Mika
食べシネ
イラスト担当
食べシネ
テキスト担当
壁紙と収納
Aoyama主宰

Yuki 「パディントン、予想以上に笑えましたね~」
Kuri 「そういうことだったんだーって何回言ったことか!」
Mika 「ニコール・キッドマンのこういう役やスタイルも好きだなー」
K 「それにしてもブラウン家の素敵なこと!」
Y 「色使いがキレイ。英国って感じで」
M 「全編を通して登場人物にテーマカラーがあって部屋にも生かされていて。ほんとに好きな世界!」

Y 「このふわっふわなパンがまたイギリスを感じさせるし、美味~」
K 「フィッシュフライのこのシンプルな味も意外と嫌いじゃないなー、私」

と、食べてばかりのKuri&Yukiでして・・・・・・。

M 「お待たせしました。デザートも忘れてはいけませんよ~」
Mr. 「ただいまー」(Mr.は、Mさんのご主人Mさん。デザートとほぼ当時にご登場!)
K 「デザートまであるなんて!」
Y 「トライフル!これも英国のデザートですね」

パディントンのぽっこりお腹もなんのその、しっかり完食いたしました。
実はこの後、Mr.のなつかしの映画パンフレットコレクションを見せていただくというオプションもあった食べシネテーブル。
今回はこの辺でお開きといたしましょう。
(Kuri)

壁紙と収納Aoyamaさんのレンタルルームには、今回のお部屋のほかにも
素敵な壁紙とインテリアが楽しめるお部屋がいろいろ。


食べシネでも利用中!